どうも、村上です。

しばらく更新していないのがとても気になっていたのですが、久々に更新しようと思います。

白駒過隙といいますが、仕事に追われ気づけば5年も経っておりました……ビックリ‼

少し前に、ペーパークラフトの鳥が飛ぶシーンを作る仕事があり、色々ペーパークラフトを調べてて興味が湧いたので、今回はペーパークラフトのCGを作ろうと思います。


 

前々から試したいと思っていたCinema4Dの機能に、Fold My Design! Modularというものがあり、それも理由の一つです。

Fold My Design!は、ペーパークラフトの展開図のパスを使い、2Dから3Dに組みあがるアニメーションを作るためのモジュールです。

 

 

 

 

 


 

Fold My Design!を読み込みむと、左上にパネルが出ます。

 

 

 

 

 

 


 

 

だいぶ前に松尾くんが作っていた例のイラストレーターのデータを使います。

 

 

 

 

 

 


 

illustratorのデータを3Dソフトにインポートする場合、illustrator8形式に保存してから読み込むのが世の常ですが、Cinema4Dのプラグイン、cv-artsmartを使えばコピーしたものをプラグインからペーストすることができます。

 

 

 


 

 

Cineversityサイトに登録(無料)してからダウンロードできます。

cv-artsmart

https://www.cineversity.com/vidplaylist/cv-artsmart

 

 

 

 


 

パスをペーストしたら、早速問題発生。パスが90度回転して位置も中心からずれているので、移動と回転で修正します。

 


 

修正できたら、パスを選択してからドラッグで、Splinesの子にします。

CV-ArtSmartと、その子のヌルは、もう必要ないのでdeleteします。

 


左上のパネルの、Fold Previewをクリックすると、パスの上に文字が出るので、Preview Text Sizeで調整します。

 


Create Guidesをクリックすると、厚みが付きます。

 


Soloスライダーをスライドさせると、組みあがるアニメーションをするのですが、多分思ったのと違う動きをしてしまいます。

 


なかなかうまくいかなかったのですが、パスの順番を変えて、Create Guidesをクリックすると、何とか思うような動きになりました。

ベースになるパスは上に、最後に動くパスは下に移動させます。

 


回転の調整は、Guidesの子のパスにあるRotateを変えることで調整しました。

 


他のパーツも同じようにFold My Desigh!でつくります。アニメーションの為に、ヌルを親子付けすると、Soloスライダーを100%にした時に、中心が勝手に移動する現象がおこりましたが、99.9%で止めておけば回避できました。

 


カメラアニメーションをつけて、床に木目のマテリアル、空にHDRIマテリアルを使い、GIレンダリング、プライマリとセカンダリにイラディアンスキャッシュで拡散反射回数3でレンダリングしました。

 


 

今回、Fold My Desigh!を使ってみたのですが、一から作るより遥かに効率的に作れたと思います。

ただ、3dsmaxへのエクスポートを試してみたところ、残念ながらうまくいきませんでした。

Cinema4DのR19も出ましたし、また新機能を色々試してみたいと思います。

お付き合いありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です